PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

トノの音楽そぞろある記

歌と音楽に関するコンテンツです
のだめコンサート@西新井
0
    のだめのコンサートに市原愛チャンが出演する!というので、西新井まで行ってきた。

    歌う曲は3曲。
    ヨハン・シュトラウス「こうもり」から:アデーレのクプレ「横顔が似ているのね?」
    ハイドン「天地創造」から:第15曲、第16曲
    ドリーブ:カディスの娘たち

    こうもりのクプレや天地創造のアリアは愛チャンの瑞々しい声がぴったりの曲。
    表情が豊かなので、より華やかに聞こえる。

    彼女の別な面を見たのは、カディスの娘たち。
    カルメンを思わせる曲の中から漂う、町中の女の息づかいが聞こえてきそうな雰囲気。
    女が持つ、ある意味でのしたたかさがうかがい知れる曲を全身で表現していた。
    今日の彼女の衣装が上は黒、下は真っ赤なドレスを考えると、この曲を歌うための衣装に思えた。
    自分の中で、愛チャンの別の魅力を発見した気分。

    相変わらず歌いっぷりがいい!
    何よりソプラノに必須の華やかさがあるのは最大の威力かも。

    他、東フィル副首席のトランペット奏者 長谷川智之さんのハイドン「トランペット協奏曲」も絶品


    〈データ〉
    のだめシンフォニックコンサート
    2009.11.29(日) 15:00
    西新井文化ホール

    指揮:茂木 大輔
    管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団



    | オーケストラ2009 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
    マーラー8番@サントリーホール
    0
       ひと昔前だったら10年に1回?程度の演奏頻度だった、マーラーの8番。それだけありがたかったような気がするが...
      しかし最近は頻繁というほどでもないが、以前に比べればはるかに演奏頻度は増えた。
      こうした動きをどう解釈するかは別にして、久しぶりに聞いてきた。

      結論を先に書けば、残念ながら満足感を得るには不十分な結果だった。
      ショルティの演奏を聴きすぎた影響なのか?自分にはそのイメージしかない。

      第一部。
      この曲のメインテーマは第二部だろうが、第一部の整然さを保った、爆発的な音の洪水も魅力的だ。
      それは地球を突き抜けて宇宙のかなたまで飛んでいこうかというぐらいの、音の広がりでもある。
      冒頭のVeni, creator spiritus がそのカギを握っている。
      しかし、この日の冒頭は、聞く者に響いてくるものではなかった。

      合唱の人数は200人に迫ろうかというぐらいだが、その割りに声量が決定的に足りない。迫ってこない。何を訴えたいのか?また言葉も明瞭でない。なにか歌っているというぐらいしかわからない。
      そんな感じで第一部は進行。フィナーレは合唱が完全にオケのffにかき消されて沈んでしまった。
      これでは客席側に配置した金管群がただただむなしく鳴り響いているだけの印象。

      第二部。
      弦のピッツィカートなどを経て、Waldung,sie schwankt heran が始まった。ここは切れのあるppが求められるが、ここでの合唱は見事な響きとアンサンブルを聞かせてくれた。
      ソロの後は天使たちの合唱。しかしここでは言葉の意味を体現していない演奏。躍動感が足りない。
      以下は略。


      演奏後の会場は大歓声に包まれていたので、自分が受けた印象との差はなんだろうと考えてしまった。
      今日の演奏、自分の感想では、音の推進力や躍動感が足りない。そのため音楽がイキイキしていない。指揮者の解釈と言ってしまえばそれまでだが...

      指揮のアルミンク。この前聞いたシュミットの「七つの封印」もそうだったが、なにか演奏が淡白な気がする。音楽が平板で、粘りっこさ、音をスコップで掘り起こすような食いつきが足りないと思うが。

      ソリストは女性陣が健闘。男性ではジョン・ヴィラーズ がよかった。

      〈データ〉
      新日本フィルハーモニー交響楽団 
      サントリーホール・シリーズ 第455回 定期演奏会
      2009.11.18(水) 19:15
      サントリーホール

      指揮:クリスティアン・アルミンク
      ソプラノ:マヌエラ・ウール、宮平真希子、安井陽子
      アルト:アレクサンドラ・ペーターザマー、清水華澄
      テノール:ジョン・ヴィラーズ
      バリトン:ユルゲン・リン
      バス:ロベルト・ホルツァー
      合唱:武蔵野音楽大学室内合唱団、栗友会合唱団
      児童合唱:東京少年少女合唱隊
      | オーケストラ2009 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
      メンデルスゾーン@サントリー
      0
         2週連続で、下野=読響のメンデルスゾーンプロを聞いてきた。
        座席はP席。ほぼ正面で下野さんを見られる!ガン見だ!

        最初の曲は彼が15歳のときに書いたという、交響曲第1番。
        パッションはまだまだ物足りないが、きれいな曲だ。

        2曲目がピアノ協奏曲第一番。共演は小菅優さん。
        出だしから、プロとプロの火花が出る、スゴイ緊張感。
        タクトが下ろされオケの音が出ると、命ある音が彼女を乗っ取ったように、体がリズムを刻み始めた。そして顔の表情もとたんに鬼気迫る形相に...
        三楽章になると、メンデルスゾーンらしい明るい曲想になり、とたんに彼女の顔に満面の笑みがちりばめられていた。
        若さに加え、ほとばしる才能と切れのあるピアノタッチが聴衆を魅了した。スゴイ人だ、彼女は。

        今日のメインプロは、交響曲第5番。
        日ごろのコンサートで取り上げられることはそう多くない曲だ。自分も、今年になってカラヤン盤やアバド盤を聞いて好きになったぐらいだ。
        ここは下野さんの一人舞台。なんてウマイんだろうと思えるぐらい、指揮がウマイ!
        どんな指揮者でもそうであろうが、特に下野さんは表情が豊かだ。指揮中もにこやかな目で音楽を引っ張っている。これは指揮する以上に、音楽づくりには欠かせないものかもしれない。
        またオケの自主性に任せるところは任せ、ここぞという時には下野流の指示を飛ばす。そして指揮にスケール感があるので、音楽も大きく奥行きの深いものになる。
        そこに、名人ぞろいの読響メンバーがピタリ!と沿っていくのだから、名演にならないはずはない。

        たった2回しかこのコンビの演奏は見ていないが、お互いに楽しんでいることが伝わってくる。
        なんてステキな関係だろう!今後も大いに期待!


        〈データ〉
        読売日本交響楽団 第519回 名曲シリーズ
        2009.10.26(月) 19:00
        サントリーホール

        〜メンデルスゾーン 生誕200年記念プログラム 検
        メンデルスゾーン:交響曲第1番
        メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲 第1番
        メンデルスゾーン:交響曲第5番 〈宗教改革〉

        指揮:下野 竜也
        ピアノ:小菅 優
        | オーケストラ2009 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
        七つの封印@トリフォニー
        0
           フランツ・シュミットの大作 「七つの封印を有する書」
          めったに演奏されない曲とはいえ、考えてみれば、生で聞くのは3回目。
          最初がC大学混声合唱団。2回目がアマチュアオケ。そして今日。
          意外と?聞いてる回数では凄いかも???

          冒頭のハ長調の繰り返しが始まると「これこれ!」となんか嬉しくなってしまった。シンプルだけど凄く印象的。そしてヨハネの歌唱が始まる。
          なんといってもヨハネの出来不出来が演奏を左右する。その意味では、今日のヘリベルト・リッペルトは及第点。欲を言えば、もっと力強さがほしいところだが。。。

          印象に残った箇所は第四の封印と第七の封印を解くところ。バスとテノールが活躍する箇所。
          日本人では、吉田さんが伸びやかでハリのある声でがんばっていた。

          合唱は栗友会。これだけの曲を仕上げることだけでも大変なことは凄いことだと思う(栗友会のHPで見たら、演奏会直前2週間?は毎日練習が入っていたような。。。)
          しかし、厳しい言い方をすれば、まとまってはいるもののダイナミックさに疑問が残った。うねるようなものが押し寄せてくる感じがこの曲には必要なのでは?
          しかし、終わりに近いアカペラの男声合唱は美しかった。

          指揮のアルミンクも手堅くまとめてはいたが、なにかオーラが足りない気がする。この曲を演奏するには。。。あまりに淡白。もっとドロドロした部分があるのではないか。黙示録は。


          〈データ〉
          新日本フィルハーモニー交響楽団 トリフォニー・シリーズ 第448回定期演奏会
          シュミット:オラトリオ「七つの封印を有する書」
          2009.7.10(金) 19:15
          すみだトリフォニーホール

          ヨハネ:ヘルベルト・リッペルト
          ソプラノ:増田のり子
          アルト:加納悦子
          テノール:吉田浩之
          バス:クルト・リドル
          合唱:栗友会合唱団
          指揮:クリスティアン・アルミンク

          | オーケストラ2009 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
          PR
          いらっしゃい!
          ブログパーツUL5
          Links
          SEARCH THIS SITE.
          MOBILE
          qrcode
          OTHERS