PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トノの音楽そぞろある記

歌と音楽に関するコンテンツです
第九@東京芸術
0
     いやいや 緊張しっぱなしの第九だった。

    今年の指揮はゲルハルト・ボッセさん。1922年生まれなので、年齢はなんと87歳!
    年齢で判断するのは失礼だが、その年齢で第九を指揮するってだけでも、すごいことだと思う。

    事前のマエストロ練習では、作曲家がどんな意図をもって曲作りをしたのか、なぜこの言葉の部分にffやアクセント記号がついているのか、などなどを朴訥に話された。
    何回歌ったかわからない第九だが、改めて演奏家のあるべき姿・姿勢の原点を確認する思いがした。

    本番では、アマチュアにとっては決してわかりやすい指揮ではなかったので、ついていくのに四苦八句。でもマエストロから発せられるオーラはビシバシ感じた。会場も満席で気持ちよかったし...

    久しぶりに新鮮に感じた第九だった。

    そしてビックリしたのが打ち上げにマエストロがいらっしゃったこと。
    その中で、マエストロ曰く...
    「今はCDで演奏が聴けるが、生演奏は演奏者のメッセージが観客に伝わることによって、それを受けた観客からもまた新たなメッセージ生み出され、それを受けた演奏者からまた新たなメッセージが伝えられる...というコミュニケーションができることが魅力である」
    気が伝わり合って、新たなものを生み出すってことでしょうか。

    〈データ〉
    東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第九特別演奏会
    2009.12.27(日) 14:00
    東京芸術劇場 大ホール

    指揮:ゲルハルト・ボッセ
    ソプラノ:釜洞 祐子
    アルト:小原 伸枝
    テノール:櫻田 亮
    バリトン:萩原 潤
    合唱:東京シティ・フィル・コーア
    | 出演2009 | 22:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
    モツレク@八ヶ岳
    0
       いまや、「音楽祭」と名のつくイベントは数多あるでしょうが、そのひとつ?に参加してきた。
      場所は晩秋の八ヶ岳の麓、山梨県北杜市。

      「八ヶ岳音楽祭」と銘打って3回目。
      モツレクを1年目は前半、2年目は後半、そして3年目の今年は全曲演奏しようというプロジェクト。
      過去2回もそうらしいが、10月10日前後の3連休に合宿して、その連休最終日に演奏会を行うというスタイル。また、本番指揮をマエストロ飯守が振ることも自分にとっては大きな魅力。

      もちろん合宿前も月2回程度練習があったが、そうそう参加できずに、合宿での集中練習で本番に臨んだ。

      マエストロ飯守は合宿2日目から登場。
      指導を始めると、ほとばしる情熱が会場全体を覆い、そして徐々にアンサンブルや響きも変わってくるからスゴイ!マエストロの、個々人の持っている能力を最大限に引き出す術は卓越している。

      その甲斐あって、本番は手ごたえのある演奏ができたのではないだろうか。

      参加してみての感想...
      いままでまったく歌うことやクラシックと縁のなかった人が、わけわかんない(?)ラテン語を発音し、音にし、音楽を作っていく努力って、並大抵じゃできないことだ。
      また、設備などは不十分かもしれないが、自分たちの力で音楽祭を作っていこうという手作り感やあったかーい気持ちが合宿中(いや、それまでの練習も含めて)じわじわ感じた。

      すべての関係者の方、お疲れ様でした。
      来年からは、ドイツレクイエム3ヵ年計画が始動しますね。
      またお会いできること、楽しみにしてます。


      〈データ〉
      第3回 八ヶ岳音楽祭 in Yamanashi
      オーケストラ&合唱コンサート
      2009.10.12(火) 14:00
      八ヶ岳やまびこホール

      指揮:飯守泰次郎
      管弦楽:八ヶ岳音楽祭管弦楽団
      合唱:八ヶ岳音楽祭合唱団
      ソプラノ:二宮 咲子
      アルト:立川 かずさ
      テノール:青地 英幸
      バス:古澤 利人
      | 出演2009 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ミサ・ソレムニス@オペラシティ
      0
         ついにウタッってきた。ミサ・ソレムニス。
        初めてウタったがこんなに難しい曲だとは知らなかった...

        「ベートーベンの金字塔」「最高の曲」と言われる曲。
        至るところにあるsfやf、ffの指示。猛烈にドライブする速さ。次々に変化す曲想。ミサ曲でありながらミサ曲でない大胆さ。ソロと合唱の絡みの難しさ。

        果たして、この曲を人様に聴いてもらうだけのものに仕上げることができるのだろうか?という思いは、練習時絶えず考えていたこと。
        そして、結果は...自己評価ではなんとか聞いてもらえるだけのレベルだったかな???

        細かい“事故”個人的にもあるいはパートで考えても、いくらでもある。
        しかし、今は、次回の演奏できる機会がいつになるか皆目検討つかないながらも、今回の反省を踏まえて更なる高みに達しようという気持ちでいっぱいだ!!!

        マエストロ飯守に感謝!


        〈データ〉
        東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第232回定期演奏会
        ベートーベン ミサ・ソレムニス
        2009.10.9(金) 19:00
        東京オペラシティ コンサートホール

        指揮:飯守泰次郎
        合唱:東京シティ・フィル・コーア
        ソプラノ:大村 博美
        メゾ・ソプラノ:池田 香織
        テノール:福井 敬
        バス:小鉄 和広
        | 出演2009 | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
        夢十夜@新宿文化
        0

          フォーレのレクイエム、ウタってきた。
          本番がイチバン音楽的に、そして気持ちよく歌えたので、個人的は納得!
          女性陣も第一第二を左右に分けて配置したこともあり、いい感じだったのでは?

          練習中に小林先生が話してたけど、この曲は音の正確さと響きが最重要であること、ウタッテみて改めて体感。
          力強い声は要りません。明瞭な発音と適度なダイナミックさがあれば、音楽は自然に流れますね。
          やはり名曲です。

          O先生のPIE JESU 美しかった。ゲネの時、舞台裏で聞いた時も凄かったが、本番ではそれ以上。天から声が降りてくるって感じで...弱音だけど声が立ってます!プロでもなかなかできませんよ〜あんな歌い方は。

          ここまで引っ張ってきてくれた小林先生や事務兼ピアノもこなした杉田さんに感謝感謝!!!

          また来年ですね!


          〈データ〉
          オーケストラ夢十夜 第二回演奏会
          ラヴェル/ボレロ
          ドビュッシー/夜想曲
          フォーレ/レクイエム
          2009.9.5(土) 18:30
          新宿文化センター 大ホール

          指揮:末松 隆一
          合唱:夢十夜合唱団
          ソプラノ:大隅 智佳子
          バリトン:小林 昭裕 

          | 出演2009 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
          マイクロソフト@シビック
          0
            ウタ友の誘いで、今年2月ぐらいからシコシコ練習に参加していた。
            曲はオペラの5曲と第九。
            おもしろかったのは、ダッタン人かなあ。。。合唱入りで歌う機会ってあまりないし。熱くなりましたー

            〈データ〉
            マイクロソフト管弦楽団 第5回ファミリーコンサート
            ベートーベン交響曲第9番「合唱」他
            2009.5.31(日) 13:30
            文京シビック 大ホール

            指揮:山口 琢也
            合唱:マイクロソフト管弦楽団付属祝祭合唱団
            ソプラノ:佐俣 薫
            アルト:山上 加奈
            テノール:宮良 大悟
            バス:大谷 政司
            | 出演2009 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
            天地創造@オペラシティ
            0
              いままで何回と聞いてきた「天地創造」
              今回やっと、自分で演奏することができた〜

              練習当初は、慣れないドイツ語の発音に苦労した。考えてみれば、今までドイツ語で歌ったのは曲は「第九」だけ?かもしれない。いやはや...
              あと、マエストロのドイツ語に対する熱き情熱にも圧倒された。決して中途半端な発音は許されない。まさに、やってみろ!ベストを尽くせ!と言わんばかりの熱き指導。
              ありがたいことです。

              そんなこんなで、演奏会は十分納得のいくものだったと思う。そして、なにより、超一流のソリストのみなさんに助けられ、終始ワクワクする気持ちで気持ちよく歌うことができたことに感謝感謝。

              しかし、愛ちゃん サイコーでした!

              〈データ〉
              東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第226回演奏会
              ハイドン「天地創造」
              2009.2.20(金) 19:00
              東京オペラシティ コンサートホール

              指揮:飯守 泰次郎
              合唱:東京シティフィルコーア
              ソプラノ:市原 愛
              テノール:望月 哲也
              バス:成田 眞
              児童合唱:江東少年少女合唱団



              | 出演2009 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
              PR
              いらっしゃい!
              ブログパーツUL5
              Links
              SEARCH THIS SITE.
              MOBILE
              qrcode
              OTHERS