ブルックナー5番@オペラシテイ

  • 2013.04.19 Friday
  • 23:34

「マエストロがブルックナーを振る」と言えば、是が非でも行きたいもの。オペラシティへ出かけてきた。

結論から言えば、今日の演奏、悪くもないがそれほどよくもない。マエストロにしては珍しくいやに力が入り過ぎている感じ。。。力ずくでねじ伏せようという雰囲気が漂っていた。
そんなわけで、オケの音量も出ている割には会場全体に響いていない。音が直線的に観客に飛んでくる。いい意味での「ふわり感」がない。ベートーヴェンシリーズの、あの圧倒的な響きと比べても意味のないことだが...
収穫といえば、ティンパニが完璧だったこと。ブルックナー演奏に求められる理想的な音質、音のバランス、絶妙の間の取り方。めったに聴けるものではない。

また、前半の菊池洋子さんが奏でた、モーツァルトの21番。終始、繊細さと気品の良さを失わない名演奏だったが、特に有名な第二楽章のアンダンテはまさに神様からの贈り物のような美しさだ。


〈データ〉
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第268回定期演奏会
2013.4.19(金) 19:00〜
オペラシティ コンサートホール

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番
ブルックナー:交響曲第5番

指揮:飯守泰次郎


【料金】 B席 4,000円
 
 

グレの歌@オーチャード

  • 2013.02.23 Saturday
  • 23:52

そこには「覚悟」があった。

思い起こせば2年前の3月20日、東フィル100周年記念演奏会として企画されていた「グレの歌」。
自分も早々にチケットを買って楽しみにしていた。しかし、歴史に残る大震災が起ころうとは誰しも想像だにしなかった。
やむなく「グレの歌」も中止。チケットを払い戻したあの時のやるせなさを今でも思い出す。団員のみなさんの無念さには足元にも及ばないが。。。

その演奏会が再度上演されるという。まさに楽団員の執念が結実したというほかない。

演奏はその執念そのもの。荒々しい中にも優しさがにじみわたる。それもこれも尾高さんの人間性が満ち溢れたもの。端正でスマート。目前の超立体構造物を一つひとつ積み上げていくようだ。ねばり強く丹念に。。。

巨大オケも緩まない。ひるまない。恐れない。無心に指揮者の意図どおりに動いていく。ライナーノーツで尾高さんが語っている。
「簡単にはやらせてくれない作風であり、指揮者には巨大なオーケストラ、巨大な全体をいかにうまくアンサンブルさせるかが常に問われるのである。私には来ないだろう、小澤先生級が振るものだろうと、とさえ思っていた。だから、この指揮を引き受ける際には相当の覚悟が必要だった。相当の覚悟をもって臨まなければならない作品なのである」

「覚悟」の結果は、日本人による「グレの歌」上演の金字塔となった。
P.S. 大入り袋出ました

〈データ〉
東京フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会
シェーベルク 「グレの歌」
2013.2.23(土) 15:00
オーチャードホール

指揮:尾高 忠明
ヴァルデマル王:望月 哲也
トーヴェ:佐々木 典子
山鳩:加納 悦子
道化クラウス:吉田 浩之
農夫:妻屋 秀和
合唱:新国立劇場合唱団

【料金】 A席 6,000円

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM