PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

トノの音楽そぞろある記

歌と音楽に関するコンテンツです
パルジファル@新国立劇場
0
    これはただ事ではない。聴き終わったあと「ここはほんとにトウキョウなのだろうか...」との感慨が頭をよぎった。

    満を持して新国立のオペラ芸術監督になったマエストロ飯守が、シーズンのオープニングに選んだ作品が「パルジファル」。
    通はともかくオペラファンでも聴きなれているか?といえば、そうともいえない作品を持ってくるとは、並々ならぬ意欲と自信がなければできることではない。

    オペラに演出はつきものであるが、これまではここで演出について触れたことはなかった。しかし、今回は触れないではいられない。
    演出はハリー・クプファー。もはや説明はいらないだろう。深い洞察力に富んだ演出で世界的な評価を得ている。彼は今回の演奏に際してプロダクション・ノートにこう書いている。

    「共苦によりて知にいたる」という「パルジファル」の鍵となる言葉がありますが、この言葉の中にこそ、キリスト教と仏教の原理があると私は考えます。「知にいたる」とは仏教の「悟り」です。「共感する」「同情する」という意味の「共苦」は仏教の根底にある思想だと思いますし、キリスト教にもある考え方です。...
    ...キリスト教の理念が一体どこで歪んでしまったのか、グルネマンツは真実を探し求めますが、彼をはじめ、登場人物たちは皆、苦しみに満ちた状況からの精神的な開放を求めて「道」を探しています。

    この数行に彼の解釈の肝が集約されている。
    幕が上がって目に飛び込んできたのは曲がりくねった「道」。いわば今日の演出の主役だ。
    川にも見えるその道。上流からその道を通って光が生き物のように流れ込んでくる。その後は光輝いたり緑の平原になったり、あるいは有機的であったり無機的であったりと、人物の心模様や情景を光の移ろいで見事に描き分けている。
    また、第1幕及び第3幕での物言わぬ僧侶の登場。「物言わぬ」とは何らかの暗示であり、「道」へ導く先導役なのだろう。「礼」をもって「道」を探し求めているものを迎え入れている。
    シンプルであるが抽象的ではない。だれもが心の奥底に秘めているある種の「思い」を具現化した見事な演出であり、聴衆の圧倒的な共感を得た。

    そこに加わったのが強力な演奏家たち。
    作品の本質に極限まで迫られる稀有なソリスト陣。特にグルネマンツ役のジョン・トムリンソンの歌唱は圧巻だ。ここに書きながら思い出しても武者震いがする。神が宿っているかのような説諭的で骨太な歌唱。明瞭なその声は響き渡り、芯となって作品全体を揺るぎのない盤石感で覆い尽くす。
    合唱陣もソリストに負けぬ素晴らしい出来。第1幕の「聖餐式」の場面では、まさに天の声が降り注ぐように、透明感あふれる至極の響きが会場に満ち溢れた。だれもが自然に手を合わせたくなるような心持ちにさせられる。
    そして、マエストロの指示に的確に応え、自発的で重厚な音を紡ぎ出したオケも最大級に賛辞されていい。正直言うと、オペラ演奏にも優れ、マエストロとの関係も長いとはいえ、ワーグナーの演奏はどの程度なのかわからなかった。しかし、そんな懸念も吹っ飛んだ。管楽器が咆哮しても音自体はやわらかく、セクション間のバランスとも申し分ない。そして響きは「飯守ワーグナー」そのもの。改めて東フィルの底力を知った。

    このような望みうる最高の演奏家や演出家を得て、マエストロ飯守の指揮は一瞬の躊躇もなく、最後まで冴えに冴えた。
    お互いがお互いに触発され、更なるプラスのスパイラルを生み出し、最後まで見る者を飽きさせなかった。4時間を超える演奏時間だが「まだまだ見たい」という欲求が沸き起こる。
    これほどまでに「歌」と「音楽」と「演出」が完全融合した、傑出した舞台は滅多に体験できない。それも、マエストロが言うように「西洋の精神史における一つの頂点をなす」「パルジファル」でやってのけたことが、ある意味驚異的だ。

    聖地バイロイトの音とはどんなものなのか、聴いたこともないので比ぶべくもない。しかし、ワーグナーが今宵の演奏を聴いたら、きっとこう言うだろう。「日本でもなかなかの演奏をやるじゃないか」と。
    2年前の東京文化での「パルジファル」も印象深いものがあったが、今日の演奏はそれをも上回る。今後、日本で今日を上回る「パルジファル」を上演することは可能なのだろうか???当面は困難極まりないと思える、それほどまでの演奏であった。

    言わずもがなであるが、終演後のカーテンコールもどれほど続いただろうか...こんな演奏に立ち会えたことに感謝...


    〈データ〉

    2014/2015シーズン オペラ
    2014.10.2(木) 16:00
    新国立劇場 オペラパレス

    舞台神聖祝祭劇 パルジファル

    指揮:飯守 泰次郎
    演出:ハリー・クプファー

    アムフォルタス:エギルス・シリンス
    ティトゥレル:長谷川 顕
    グルネマンツ:ジョン・トムリンソン
    パルジファル:クリスティアン・フランツ
    クリングゾル:ロバート・ボーク
    クンドリー:エヴェリン・ヘルリツィウス

    合唱:新国立劇場合唱団、二期会合唱団
    管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

    【料金】 B席 19,440円

     
    | オペラ2014 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ラインの黄金@東京文化
    0
      「東京・春・音楽祭」も10周年。それが理由かどうかわからないが、今年から4年をかけて「ニーベルングの指輪」を演奏会形式で演奏するという。演奏機会がそうそうある曲でもなく、祝祭的な気分もあり出かけてきた。

      普段からそれほどワーグナーを聴いているわけでもなく、演奏会形式でもあるため、歌手の出来不出来、オケのワーグナーの色彩感の表現力などを語ることはできない。ただただ演奏を聴き終えた感想を書いてみたい。

      まず、演奏会形式。あるホールではホールオペラとも呼んでいるが、これがなかなかいい。
      ムーティはスカラ座時代、舞台上や座席の字幕は「観客の舞台への集中力が削がれる」ため好まなかったと聞くが、確かに本来の舞台装置で演じられる場合は全く同感。個人的にはオペラグラスも集中力を削ぐ。たとえストーリーがわからずとも、舞台に目を凝らし続けることで感じられるもの。それが舞台芸術の核心である。
      今回は演奏会形式であるため、目を凝らすのは同じでも、その視線の行く先は舞台上の字幕そのもの。音楽を聴きながら内容を理解するには非常に都合がいい。そうすることで、歌手ごとの内容の表現力の差もかなり聞き分けられる。ある意味視覚に惑わされないためだ。本来であれば舞台で演じられることが王道ではあるが、お金という現実を考えると、今後ともこの形は大いに進めてもらいたい。

      次は、ワーグナー感。ワーグナーの音楽というと、「大作」「大編成」といった言葉が連想される。確かに今日の演奏でも(通常の舞台も同じかわからないが...)舞台上には「参ったか!」というぐらいの管や弦や打が所狭しと居並ぶ。バンダである鉄床が18人、ハープは6人...その光景だけでも圧巻だ。もちろんそれらが活躍する場面はあるが、曲全体でみれば部分的に過ぎず、ほとんどは室内楽的な音「楽」の響きに合わせて「劇」が進行していく。
      ある音楽辞典でワーグナーの舞台作品は「歌劇」と「楽劇」に分類されているが、その辞典による分類でも今日の作品は「楽劇」。これまで「ワーグナー=楽劇」という知識は持っていたが、改めてじっくり聴いてみるとその意味するところがよく理解できる。
      切れ目のない劇の進行、その内容もある意味ファンタジーの要素でもあるため、聴き手がそろぞれの思いで空想できる。空想は無限だ。そんなことから時間の経過を忘れてしまいそう。そのあたりもワグネリアンを生み出す要素かもしれない。

      演奏終了後、満員の聴衆からの鳴り止まぬ拍手喝さい。20分程度は続いたろうか...そんな快演を生み出したのはマレク・ヤノフスキ氏。長らくワーグナー通で知られている方だが、その実力を如何なく知ることとなった.
      時折り氏の指揮ぶりを眺めていたが、一言でいえば「こなれた」もの。箸の長さぐらいの短めの指揮棒を、決して大振りすることなく淡々とこまめに動かすのみ。しかしそこから生み出される音は水の流れのように、ある時はせせらぎ、ある時は岩にぶつかり大きな飛沫をあげるが、絶えず淀みなく流れ続けていることには変わりない。カーテンコールも淡々と進む。氏にとっては普通のことのようだ。まさに職人気質。
      「ああ、これがワーグナー音楽の真の姿かも」と深く印象づけられた。

      ワーグナーの聴き方が変わった、意味ある「序夜」だった。

      〈データ〉

      東京・春・音楽祭
      ワーグナー:楽劇『ニーベルングの指環』序夜《ラインの黄金》
      2014.4.7(月) 19:00
      東京文化会館 大ホール

      指揮:マレク・ヤノフスキ
      ヴォータン:エギルス・シリンス
      ドンナー:ボアズ・ダニエル
      フロー:マリウス・ヴラド・ブドイウ
      ローゲ:アーノルド・ベズイエン
      アルベリヒ:トマス・コニエチュニー
      ミーメ:ヴォルフガング・アブリンガー=シュペルハッケ
      ファーゾルト:フランク・ヴァン・ホーヴ
      ファーフナー:シム・インスン
      フリッカ:クラウディア・マーンケ
      フライア:藤谷佳奈枝
      エルダ:エリーザベト・クールマン
      ヴォークリンデ:小川里美
      ヴェルグンデ:秋本悠希
      フロースヒルデ:金子美香
      管弦楽:NHK交響楽団

      【料金】 C席 9,000円
      | オペラ2014 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
      PR
      いらっしゃい!
      ブログパーツUL5
      Links
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS