うたレッスン #23

  • 2008.05.10 Saturday
  • 23:56
4月の職場異動、GW出勤が祟って?か体ボロボロ...そんな体調不良状態で行ったのが間違いだった。

Oセンセの指摘することができない。何回やっても同じ。
終いには、「心ここにあらずって感じでバカにされているみたい」とセンセに言わせてしまった...

実は体調良くないんです...しかしあまりそんなこと言いたくないしといったら、「言ってくれなきゃ対処のしようがないでしょ!」と少々おかんむり

ボロボロのヴォイトレ。

うたレッスン #22

  • 2008.04.19 Saturday
  • 16:24
C先生帰国後の初練習。

4月、職場異動もあり、からだガタガタ。まずは、体をリラックスさせるため、音に合わせて首を回す練習から。
次はコンコーネ8番を使って発声練習。
注意されたのは、まず口の型。「ウの口で」と言われても、どうも歯が見えるような余計な型を作ってしまうらしい。顔が前に突き出てしまう癖も直らない。
C先生曰く「君津での直野先生の姿見たでしょ?顔の位置、全然変わらないでしょ?」
はい、というしかないか???

また発声練習時の高音に来たら、下半身は突っ張って、背中からギアを入れる感じで音をまわし込み、口の中は軟口蓋をしっかり開けて、引っ張りあう感じで!顔は絶対ぶれない!ボウリングの玉を投げる時のイメージに似てるかな。

ははーん、確かに音が違ってる。

うたレッスン #21(2008.2.23)

  • 2008.02.23 Saturday
  • 23:07
発表会後初のレッスン。結果は...かなり基本的なこと言われた〜

最初は発表会楽しかったねとか談笑。
コンコーネ7番でレッスン開始。一度通しで歌ってみる。再度歌った時、オクターブ上がるところで、指摘開始冷や汗
「なんか姿勢が悪いんだよなあ〜少し反るぐらいが普通の姿勢と思って!」
「歌うときふらふらしない!しっかり立って!」
「音程が変わろうと絶対顔動かしちゃダメ!」
「高音の時は上半身と下半身で引っ張り合うような感じ。そのままだと伸びきったままなので、お腹を張って下半身を踏ん張り、上半身は上から押さえるような感じで!」

アの口の形で曲の一部を歌ったら、「なんでアの口の形できないんだろうねえ〜」「じゃあ、舌を出したままアと声だして」。
そんな練習を繰り返していたが、何回やってもできない生徒に先生も苛立ち...

「こっちができればあっちができない!二ついっしょにできない?」
「レッスン中注意しても、なんかこうやろうああやろうと自分で工夫している姿勢が見えない!何回やっても同じように歌ってる」
「レッスン中たまにできる時があるけど、その時できたイメージを掴んでなく、まあできたからいいかで終わってしまっている。イメージ自分で取りにいかなきゃ!ほんとうはわかってない」

とまあ、冷や汗ダラダラ。すべてそのとおり。

最後には
「これまではこのくらいでいいかな?と自分も思ってたけど、あまり妥協すると自分にも影響が出てくる。これからはもっと厳しく言ってくからそのつもりでね!」

はい、がんばります!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM