藝大フィルハーモニア合唱定期@奏楽堂

  • 2016.11.27 Sunday
  • 22:15

ここ何年かは毎年11月になると気になる「藝大フィルハーモニア合唱定期」。今年はお気に入りウォルトン「ベルシャザールの饗宴」がメインプロなので気合も充実。チケットは早々と手配。そして前半はデュリュフレ「レクイエム」というのだから合唱ファンには申し分のないプログラム。因みに今年はデュリュフレ没後30年という。

 

前半のデュリュフレ。有名ではあるが個人的には初めて聞く機会(演奏する機会もあったのが残念ながら逃してしまった 。)この曲はよくフォーレの延長線上にあるといわれるが、聞けば納得の感。様式からだろうが、曲全体が持つ雰囲気がフォーレの作り出した世界に力強さと壮麗さといった、新たな命を吹き込む感じ。

演奏は申し分ないし美しかった。が、この曲をオケ付きで演奏するには約180人になろうとする人数は正直多すぎると感じたことも確か(今回はメインプロに合わせただろうから仕方ないが...)

確かに理論的には何人だろうと「ハモる」ことは可能だが、現実は人数が増えれば「ハモらない」要素も増えることになるので、なかなか難しい。また、曲が持つ雰囲気から考えても、より少ない人数で聴かせたほうが心に染み入ってくるような気がするのだが...

藝大生なら半分の90人程度でも「Domone Jesu Christe」や「Sanctus」や「Libera me」の持つ情熱を十二分に表現できるだろう。

 

後半のウォルトン。金管が咆哮し、バンダが両サイドから鳴り響くけたたましい曲には、前半とは打って変わって180人は最適の人数。冒頭のアカペラでの男声合唱等男声が活躍する曲を意識してか、前半とは変更し、男声をセンターに、その両サイドを女声が固める配置に。これも納得の感。

よく訓練された藝大生の集中度の高さとその若さの爆発、尾高さんのメリハリの利いた指揮、そしてバリトンの黒田さんの、未完ではあるがまっすぐに通るその伸びやかな声、すべてが相まって演奏は最後まで緊張感に溢れ、これまで聴いた同曲の中では最高の快演だった。

 

向井さんは公演のプログラムノーツに、デュリュフレのレクイエムを「抑制されたシックな響きの中、合唱そのものの美しさが際立つ「祈り」の音楽」と、ウォルトンのベルシャザールの饗宴を「輝かしいブラスの響きを特徴とする大編成のオーケストラと大合唱によって描き出される壮大なスペクタクル」と書かれている。まさにその通りで、一つの演奏会で、大きく性格が異なる声楽作品を堪能できたことは、藝大ならではかもしれない。

 

それにしても、そんな2曲を見事に歌い切った藝大生の皆さんには、心からから ”素敵な演奏ありがとう!お疲れ様”と言いたい。

 

P.S. プログラムに挟み込んであったチラシの一枚が気になった。そこには「勝部太 東京藝術大学退任記念演奏会」との文字と勝部さんの写真が。

ある時代は個人的には、バリトンといえば勝部さん。確かある合唱団でご一緒させたいただいたことも...時は移ろうもの。

 

 

〈データ〉

 

藝大定期 第379回 藝大フィルハーモニア管弦楽団 合唱定期演奏会

2016.11.27(日) 15:00

東京藝術大学奏楽堂

 

デュリュフレ:レクイエム 

ウォルトン:オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」*

 

指揮:尾高 忠明

メゾ・ソプラノ:野間 愛

バリトン:西久保 孝弘

バリトン:黒田 祐貴 *

オルガン:千田 寧子

 

【料金】 全席自由 3,000円

 

 

 

 

ドヴォレク@Gewandhaus

  • 2016.11.20 Sunday
  • 18:38

11時からのマチネーに間に合うように、朝9時20分発のICEに乗ってドレスデンからライプツィヒへ。会場はあのゲヴァントハウスだ。

「ドヴォレク」のチケットは予約できていたので安心して?座席へ。内部は日本で言えばベルリンのフィルハーモニーを参考にしたというサントリーホールのようなつくり。正面にパイプオルガンを据え付け、舞台を囲むように座席が配置されている。列の前後の座席は完全にかぶっているが、列間に相応の勾配があるので前に座った人の頭は気にならないかも。

 

そんな居心地がいい会場で演奏されたドヴォレクはというと...これが想像以上のすごい演奏だった。そして真っ先に賞賛されるべきは合唱団の力だろう。

 

冒頭の”Requiem aeternam”の豊かなで立体的な響きも尋常ではなかったが、”Dies irae”のなんと地強くかつ自由自在なことか。場合によっては危うさも秘めている曲にもかかわらず、荒れ狂う生き物を完全にコントロール下に置いたように、音の躍動感はまったく失われることもなく、自ら意思をもったような音の連なりは見事!その後の”Confutatis maledictis”も同様にまったく危なげがない

 

そして今日の頂点とも言える響きが、第一部が"Amen"で終わった後しばらく間をおいて開始された、男声合唱から始まる第二部 ”Domine Jesu Christe, Rex gloriæ"である。その第一声を聴いたときの感動は今思い出しても熱くなる。やわらかな響きが場内に降り注ぐさまはこの世のものとは思えない。曲が進むにつれて、なぜか涙腺がゆるくなってついに頬を一滴のしずくがとめどもなく伝わり始めた時は自分でも正直、「まいった」。なんということをしてくれるのだろうか、この合唱団は...

 

指揮者がタクトを下ろした数秒後まで曲に漲る緊張感は失われず、場内の喝采は次第に大きくなり、最後はスタンディングオヴェーションに...多くの聴衆が今日の演奏に共感したことが伺える光景だ。改めて、とんでもなく内容の充実した曲であり、再現が難しい曲であることを再認識。

「合唱」に接して久しいが、これほど感動を受けた演奏にめぐりあったことはかつてなかった。それほどに今日の演奏はある意味まれで、奇跡的とも言える。

 

演奏したMDR Sinfonieorchester とRundfunkcorは放送局の改編で名称こそ変わったが、前身はかつての「ライプツィヒ放送交響楽団&合唱団」。伝統の力は常に発揮されるわけではないだろうが、数々の名演を残してきた団体の流れを汲む楽団だけに、その力を遺憾なく発揮したことは確かだ。

 

普段の合唱練習では「ハモる」ことは最大限の目標としてしているが、なかなか実現できるものではない。またそれが大切なことは頭では理解しているが、場合によっては「音の圧」を求める自分がいることも確か。しかし、そんな中途半端な考えは今日の演奏を聴いて吹っ飛んだ。

実を言うと今日の合唱団の人数、男声女声とも30人程度の計60人ほどだ。この大曲をたった60人ほどでオケに伍した演奏をするなんて、「ハモる」ことの何者もできないだろう。ただただ「ガナる」ことがなんと愚かなことことよ...

 

残念ながら、今日のような演奏をできる合唱団は今の日本にはない。それはプロもアマもだ。ドイツの一地方の団体が今日のような演奏会を”平然”とやってしまうことに、音楽の裾野の広さと懐の深さを感じたと同時に、今まで自分がやってきたのは果たして「合唱」と言えるのか自問自答してしまうような心境になった。

 

決して忘れることはない、心に深く刻まれた演奏会であった。

 

 

〈データ〉

 

 

MDR Matineekonzert


Gewandhaus Leipzig - Großer Saal

 

Antonín Dvořák — Requiem op. 89

 

Tomáš Hanus Dirigent

Simona Šaturová Sopran

Ulrike Schneider Alt

Norbert Ernst Tenor

Jan Stava Bass

 

MDR Sinfonieorchester

MDR Rundfunkchor

 

【Preise】 37.50€

NNTT@新国立劇場

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 22:14

新国立劇場のオペラ研修生によるオペ・ガラ・コンサート。砂田さんからのお誘いもあり、昨年に続き行っていた。

今年は17期から19期の14名の出演。開幕冒頭、期毎に出演者が紹介されるが、19期(1年次)は5人中4人が男性。従前は女性上位?だったのでバランスの面からも頼もしい限り。

気になった方を取り上げると...

 

”月よ”を歌った城村さん、会場に包み込む可憐な響きが印象的。心満たされる感じだ。

”私は街の何でも屋”を歌った大野さん、よく通る、芯のあるバリトンだ。この曲、バスティアニーニやプライの名唱が頭を過るが、大いに健闘していた。

”20スクーディ”を歌った伊良波さん、役柄からでる”チョイ悪”感が魅力だし、声もおおらかに響く。そう言えば7月の研修生による試演会の「ジャンニ・スキッキ」でもいい味出していた。今後が楽しみなひとりだ。

そして、砂田さん。今回はトマの「ハムレット」から”私も遊びの仲間に入れてください”を歌ったが、その息のコントロールテクニックは驚異的。まさに自在に操っているようだ。

 

歌唱後はそれぞれの課題が頭をよぎったと思うが、更なる精進を期待していきたい。

 

 

〈データ〉

 

NNTT Young Opera Singers Tomorrow

2016.11.8(火) 19:00

新国立劇場 中ホール

 

・ドニゼッティ『連隊の娘』より「フランスに敬礼!」 マリー:吉田美咲子

・ヴェルディ『椿姫』より「ああ、そはかの人か 〜 花から花へ」 ヴィオレッタ:宮地江奈

・モーツァルト『ドン・ジョバンニ』より「カタログの歌」 レポレッロ:氷見健一郎

・戸口純『白狐』より「月よ」 コルハ:城村紗智

・ロッシーニ『セビリアの理髪師』より「あの不思議にして万能の」 伯爵:荏原孝弥、フィガロ:高橋正尚

・ロッシーニ『セビリアの理髪師』より「私は街の何でも屋」 フィガロ:大野浩司

 

・オッフェンバック『ホフマン物語』より「美しい夜、おお恋の夜〜舟唄〜」 ニクラウス:十合翔子、ジュリエッタ:城村紗智

・トマ『ハムレット』より「私も遊びの仲間に入れてください」 オフェリ:砂田愛梨

・ドニゼッティ『愛の妙薬』より「20スクーディ!」 ベルコーレ:伊良波良真、ネモリーノ:水野優

・グノー『ファウスト』より「トゥーレの王〜宝石の歌」 マルグリート:西尾友香理

・プッチーニ『ラ・ボエーム』より「冷たい手」 ロドルフォ:水野秀樹

・チレア『アドリアーナ・ルクヴルール』より「苦い喜び」 ブイヨン公妃:高橋紫乃

・ヴェルディ『ナブッコ』より「行け、想いよ、黄金の翼に乗って」 研修生全員

 

ピアノ:石野真穂、高田洵子

 

【料金】 2,160円

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM