ドン・パスクァーレ@湖北地区会館

  • 2016.11.23 Wednesday
  • 22:10

砂田さんが出演するというので我孫子まで行ってきた。演目は「ドン・パスクァーレ」。内容はご存知の通り、「お年を召してからの年の差婚は慎まなくては...」という教訓めいたセリフで終わる喜劇であるが、演奏は想像以上に充実したものであった。

 

まず、ドン・パスクァーレ役の金子さんが手がけたという演出、派手ではないが今に生きる我々の”共感”を感じさせるもの。

たとえば冒頭「序曲」に乗って登場してきたパスクァーレは介護を受けるかのような状態で、使用人と思しき女性2人にズボンを履かされる始末。ところがミニスカートの若い女性は通り過ぎる時は急に”シャキッ!”となって別人のよう。その視線の先は女性の足に...

 

そんな小技の利いた演出をバックに、出演者の歌唱も演技も非常に秀逸。

ドン・バスカーレ役の金子さんは太くて響く声で主役を最後まで熱演。役になり切った衣装や演技も相まって最後まで楽しませてくれた。

砂田さんも初めてノリーナ役を歌うとのことだが、これがまた素晴らしい!ある時はチャーミングだったり、ある時はいじらしかったり、そしてある時は小悪魔的だったり...と、自在に立ち振る舞いを変える役をきっちりと演じ分けていた。それも高い歌唱力とともに。

エルネスト役の曽我さんは軽く伸びやかな声が魅力だし、マラテスタ役の薮内さんはスカッとするバリトンだが、演技も堂に入ったもの。

たぶん金子さんが指導していると思われる合唱関係の方も、他の役柄(冒頭のお二人の女性も)で参加。有名な「なんて果てしない騒ぎでしょう」も歌って健闘。

さらに驚くのは、抜粋かと思いきや全3幕を通したこと。あっという間の2時間半だった。

 

先日、びわ湖ホールで聴いたばかりの今日の演目。比べるつもりはまったくないが、本来の”演技+歌”を見たい聴きたいのなら、このくらいの小ホールが理想だ。やはり演技者の表情がわかるのは歌にも相乗効果があり、特に”歌”を聞かせるドニゼッテイは最適だ。

また、地域でのささやかな活動の成果としてプロもアマも楽しめる場づくり。そんな地道な活動も今後とも応援していきたいと感じたひと時であった。

 

 

〈データ〉

 

PICCOLO TEATRO ABIKO

2016.11.23(水) 14:00

我孫子市湖北地区公民館

 

ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクァーレ」(全3幕)

 

ドン・パスクァーレ:金子 亮平

ノリーナ:砂田 愛梨

エルネスト:曽我 雄一

マラテスタ:薮内 俊弥

公証人:浅山 裕志

 

指揮:澤木 和彦

ピアノ:中村 文美

合唱:The Lacas

 

【料金】 3,500円

 

 

 

 

 

 

ドン・パスクワーレ@びわ湖ホール

  • 2016.10.23 Sunday
  • 21:32

ドニゼッティと言えば、日本では「ルチア」か「愛の妙薬」しか上演されてないような気がする中、沼尻さんが滅多に上演されない「ドン・パスクワーレ」を振るというので、びわ湖ホールに出かけてきた。

さて結果は???大健闘だった。

 

浅薄な知識しか持ち合わせていないこともあるし、先入観や固定観念がそう思わせるかわからないが、日本人がドニゼッティやロッシーニなどの喜劇をやるのは不得手だろうと感じていた。それが今日の演奏を聴いて、少しは払拭された感がある。成功はキャストに恵まれたことが第一だろう。

 

いずれのキャストも光っていたが、印象的だったのは砂川さん。出演するオペラを生で見たのは初めてかもしれないが、出色の出来。これまで砂川さんに対しては「美声だが線が細いかな...」との印象があった。しかし、今日は存在感抜群。演技もいいが、声が太く、伸びやかになっている。”Quel Guardo Il Cavaliere”なんて、ノリーナそのもの。

須藤さんも以前聴いた印象では、声のささえが不十分のような気がしたが、これが堂々たるものに。

ベテランの牧野さん。最初こそ音楽に乗り切れてないかな?と思われるところもあり、第1幕の聞かせどころ ”Un foco insolito mi sento adosso" もワクワク感・躍動感がいまひとつ。しかし次第に乗ってきて、演技でもその存在感大だった。

 

シラグーザはある意味別格。あのキラキラする伸びやかな声は天性のものとしか思えず、日本人がマネしようと思っても努力でできるものではない。舞台裏から聞こえてきた "Com' e gentil la notte a mezzo april!" の軽やかさ、華やかさはなんといって表現したらいいのだろう。出身がシチリアのメッシーナというからさもありなんといったところか。彼が悲しい歌を歌ってもそうは聞えないからある意味損かもしれないが...

 

ドニゼッティの作品では、時として合唱もポイントになるが、びわ湖ホール声楽アンサンブルと藤原歌劇団合唱部による”Che interminabile andirivieni” は文句のつけようのないアンサンブル。素晴らしい!

 

指揮の沼尻さん、丁寧に、大事に作品を仕上げたが、印象としてはやや慎重だった感じ。その分作品が持つ、ちょっとした”間”や”ゆらぎ感”がなくなってしまったのは残念。次回はさらに期待したい。

 

初めてこのホールに来たが、その響の素晴らしさに感動。歌手の声がすぐ目前で歌っているように聞こえるのは自分の錯覚か???そして言葉もくっきり聞こえる。果たして他のホールもこんなに聴こえただろうか?と考えてしまったほどだ。

そんな素敵なホールで、来春にはこれまた上演のレアな「連隊の娘」、そして沼尻さんによる4年がかりの「リング」が始まるという。今後も「びわ湖」から目が離せない。

 

 

〈データ〉

 

 

沼尻竜典オペラセレクション ドン・パスクワーレ

2016.10.23(日) 14:00

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール

 

 

ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクワーレ」

 

指揮:沼尻 竜典

ドン・パスクワーレ(バリトン):牧野 正人

マラテスタ(バリトン):須藤 信吾

エルネスト(テノール):アントニーノ・シラグーザ

ノリーナ(ソプラノ):砂川 涼子

公証人:柴山 秀明

合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル、藤原歌劇団合唱部

管弦楽:日本センチュリー交響楽団

 

【料金】 B席 11,000円

 

 

 

 

 

イリス@オーチャード

  • 2016.10.16 Sunday
  • 21:29

マスカーニといえば、一般的には「カヴァレリア...」しか浮かんでこないが、「イリス」という作品もあることは知っていた。演奏会形式とはいえ、その「イリス」の上演があるというので行ってきた。指揮はここ3年程前から評判の高いバッティストーニ。彼をこの目で確かめるのも初めてなので、見どころ聴きどころ満載の演奏会だ。

 

聴き終わって...

いやいや、評判どおり、いや想像以上の才能溢れた彼の指揮に感動。指揮者を見てワクワクしたのは久しぶりかもしれない。

一言で言うと、指揮に全く無理がなく、自然と音を引き出す能力の抜群の高さだ。

 

たとえば、冒頭、弦のppから始まり、じわりじわりと音の集積が進んで、最後は壮麗な合唱に至るまでの一連の音楽の流れが、まったくもって自然体。結果的には大きな腕の振りになるが、それが前もって予定されていたことではなく、結果的にそうなっただけの話という具合。

音の振幅も階段を上っていくようなザグザグのぎこちなさはまったくなく、スロープを上るような滑らかさなので、音楽のしなやかさを全く失わない。これは凄いことだと思う。

 

たぶんオケも非常に弾きやすいだろうことは間違いない。オケの反応も即応的かつしなやかであり、表出される立体的な音の造形が目に見えるよう。それがさらに指揮者に伝わり...という好循環を生み出しているのだから秀演にならないはずがない。聴衆も指揮を見ているだけでも素晴らしいうえ、場面で期待した音がオケから確実に伝わってくるのだから、聴いていて心地いいことこの上ない。

 

キャストでは主役を務めたラケーレ・スターニシの独断場と言ってもいい。作品が求める声質を体現している感。父役の妻屋さんも存在感を示す熱演。80名ほどの新国合唱団も十二分な声量と響きで大いに盛り上げた。

 

作品自体は冒頭や終曲の合唱、あるいは第2幕のフィナーレ等オペラらしい高揚感に包まれる個所はあるが、台本が弱いためか何か物足りない。しかし、見事な指揮とそれに応えたキャストやオケによって、想像以上の感動を聴衆にもたらした。

 

彼を聴いたのは今日初めてだが、「また彼の指揮を見たい」「彼なら何かやってくれそう」という期待感や雰囲気を持っている逸材なのは確か。今年10月から東フィルの首席指揮者に就任したというがそれも納得の感。順調に行けば、将来欧米の歌劇場でそれなりのポストに就くことは間違いない。

来年9月に「オテロ」を振るというが、今日の演奏を聴けばどんな演奏になるか今から想像してもワクワクする。今後も大注目だ。

 

P.S. いくら「ジャポニズム」とはいえ、名前が「大阪」や「京都」は安易すぎ?あるいはその程度の認識だったとも言えるが...

 

 

〈データ〉

 

東京フィルハーモニー交響楽団 第886回 オーチャード定期演奏会

2016.10.16(日) 15:00

オーチャードホール

 

マスカーニ:イリス

 

指揮:アンドレア・バッティストーニ

 

イリス(ソプラノ):ラケーレ・スターニシ

チェーコ(バス):妻屋 秀和

大阪(テノール):フランチェスコ・アニーレ

京都(バリトン):町 秀和

ディーア(ソプラノ):鷲尾 麻衣

行商人/くず拾い(テノール):伊達 英二

合唱:新国立劇場合唱団

 

 

【料金】 B席 7,000円

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM