Harry Potter@Sydney Opera House

  • 2017.10.07 Saturday
  • 22:46

3か月ぶりのシドニー。季節は初春というところだろうか。気温も今の東京と同じくらいで過ごしやすい季節だ。

ハリーポッターのフィルムコンサートがあるというので、オペラハウスに足を運んだ。

 

日本でもこの種のコンサートはやっていると思うが、生オーケストラの演奏付で映画上映をするというもの。

残念ながらハリポタを見るのは初めてなのでストーリーも知らないが、会場は大盛り上がり。

 

まず指揮者が登場し、「今日は○○や△△(※映画の登場人物名)に会える!楽しみだ!」(というようなことをしゃべっていた気がする???)と言いながら、拍手を求める手による挑発が繰り返されると、会場から「わぁーわぁー」とそれに応える歓声。

上映中も、悪が正義に打ち負かされる(?)場面のときは、「わぁー」という歓声と拍手の繰り返し。完全に映画の中の入り込んで共感している様子。

上映も終わり、出演者のテロップが流れるごとに、人気の度合いによってその差は歴然の拍手が起こる。

 

初めて体験したこの種のコンサートだったが、相変わらず情景描写力が冴えるジョン・ウィリアムズの音楽が人々の没入感をさらに刺激したことで、個人的にも満足感大だった。

日本でもやったら見てみたい気がするし、いまさらながらビデオでハリポタ見ようかな???

 

 

P.S.この前のクラシックコンサートでは気がつかなかった(禁止?)が、会場内にロビーで売っているサンドイッチやワイングラスを持ち込む人が多くいた。まるで映画館のようだが、さすがにガラス製品はまずくないか???と思いながら目がきょろきょろ。これも習慣の違いかも。

 

 

〈Data〉

 

Harry Potter Film Concert Series

Harry Potter and The Chamber of Secrets IN CONCERT

SATURDAY 7 OCTOBER 2PM

Sydney Opera House Concert Hall

 

Jeffrey Schindler : conductor

Sydney Symphony Orchestra

 

Live on stage and screen with John Williams' score

 

【price】109.00A$

Opera House@Sydney

  • 2017.07.15 Saturday
  • 18:12

初めてやって来た南半球。それもオペラハウスが超有名なシドニーだ。

Airport linkと呼ばれる空港と市内を循環する電車に乗って、オペラハウス最寄りのCircular Quayで下車。

目前には美しいSydney Coveとともに左手にはこれまた有名なHarbour Bridgeの威容が目に飛び込んできた。

高架から降りて地上の出口を打たら、これまたビックリ。目前に観光フェリーの船着き場Ferry haarvesgが広がり、すごい人波。それをかき分けながら湾を左手に見るように歩き出すと、湾沿いに遊歩道が広がっている。そうしてしばらく歩いたその先にオペラハウスはあった。

それは意外に巨大だった。


 

更に近づくと、聖なる地への歩みを求めるかのように階段が広がっていた。そしてコンサートホールの内部へ。

確かに複雑極まりない様子が伺える。これは時間もお金もかかるはずだ。

 

しかしホール内はさすがにそこまで冒険的ではないが、これまた素晴らしい!

 

ところで肝心のコンサートの中身。

DANCING WITH THE ORCHESTRAと銘打ち、コダーイ、バルトーク、ラフマニノフの曲を並べた。

かなり渋いラインナップかと思ったが、これがなかなかいい。

いずれも個人的にはこれまでなじみのない曲ばかりだが、それぞれの作曲家の「個」が際立つ秀作。

バルトークのヴァイオリン協奏曲もよかったが、より印象に残ったのはラフマニノフ。

ワルツを奏でた後のフィナーレまで持っていく圧倒的な爆発力は音のマジックを聴いているよう。日本ではどれほど演奏されているのかわからないが、今後は要チェックの作品だ。

 

それにしても、ポップスのコンサートを聴いた後のような口笛や掛け声で出演者を称賛したり、オケもそれにこたえるかのように?舞台後方の観客に向かって挨拶するために、180度回転して正面にお尻を向けるなどのウィットに、オーストラリアンがより気軽に身近にコンサートを楽しんでいる気風が見て取れたような気がする。

 

 

P.S. 「南半球ではキッチン等で水が管に吸い込まれていくとき、水の巻き方が北半球と逆」とのことだが...今回は確認し忘れ。次回は必ず...

 

 

〈データ〉

 

 

DANCING WITH THE ORCHESTRA

GREAT CLASSICS

SATURDAY 15 JULY, 2017 2PM

SYDNEY OPERA HOUSE CONCERT HALL

 

James Gaffigan : conductor

Alina Ibragimova : violin

Sydney Symphony Orchestra

 

ZOLTAN KODALY : Dances of Galanta

BERA BARTOK : Violin Concerto No.2

SERGEI RACHMANINOFF : Symphonic Dances, Op.45

 

【price】 69.00 a$

千人@オーチャード

  • 2017.06.03 Saturday
  • 23:58

今やツィクルスでも祝祭時でも頻繁に演奏される「千人」。今回は3年前から始まった、マエストロ山田によるツィクルスの最終期の一環。

さて、今回の成果はというと...マエストロの思いはわかるが、次の機会に期待しようという感じだろうか。

 

まず、合唱。児童合唱を入れなくても250人はいるのではないか思うくらいの大編成。それはそれで良しだし、第一部 ”veni creator spiritus” も合唱の圧を感じる演奏だった。しかし、この曲で合唱の真価が発揮されるのは第二部、それも冒頭の ”Waldung, sie schwankt heran” の出来次第。

だが、今回は子音の立ちも甘かったため、言葉に切れがなく、聴く側の集中度が高まらなかったのは否めない。またオケとも息が合っていたかといえばちょっと疑問だ。その後の合唱もなぜか、うまいへたではなく、”勢い”が感じられなかったのは残念。

また、オーケストラは部分的に聴けば力演の部分もあったものの、全体的にその演奏は平板であり、”熱さ”を感じることはなかった。

 

そんな感じなので、終局の ”神秘の合唱” からバンダも入って壮大に終わるまでの大音量が少し虚しく聴こえたのは自分だけだろうか?

 

ソリストでは、清水さんと西村さんが満足いく歌唱をしていたのが印象的。特に西村さんの輝く高音の伸びはこの曲に合っている。

 

この曲を真に満足して演奏するのは難しいと改めて感じた次第。

 

 

〈データ〉

 

山田和樹 マーラーツィクルス 第8回

2017.6.3(土) 17:00

オーチャードホール

 

武満 徹:星・島(スター・アイル)

マーラー:交響曲第8番7「千人の交響曲」

 

第1ソプラノ、罪深き女:林 正子

第2ソプラノ、贖罪の女のひとり:田崎 尚美

第3ソプラノ、栄光の聖母:小林 沙羅

第1アルト:サマリアの女:清水 華澄

第2アルト:エジプトのマリア:高橋 華子

テノール、マリアをたたえる博士:西村 悟

バリトン、法悦の神父:小森 輝彦

バス、瞑想の神父:妻屋 秀和

 

第1コーラス:武蔵野合唱団

第2コーラス:栗友会合唱団

児童合唱:東京少年少女合唱隊

 

指揮:山田 和樹

 

【料金】 4,000円

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM