Mahler 7@Esplanade Concert Hall

  • 2018.01.06 Saturday
  • 23:53

久しぶりにやってきたシンガポール!情報収集していたら、SSO(Singapore Symphony Orchestra)がマーラーの7番を演奏するというので事前にチケット入手。会場のEsplanadeに向かった。

 

あのフルーツを模したであろう外観が特徴的。

 

会場内。楕円形で、ある意味古典的なつくりと言えなくもない。以前来た時の印象ではもう少し広かったと思ったが、意外にコンパクト。

 

さて、マーラーの7番。正直言うと最近マーラー自体を聞いていないうえ、特に6、7番は他曲に比べて聞く機会が極端に少ない。もしかしたら生で聴くのは初めてかもしれない。そんな状況なので、他の演奏と比較してどうのこうの言うことはできないが...

 

第一楽章のテノールホルンや第二楽章のトランペットの音量がやや大きすぎるかな?と思ったりもしたが、総じて期待以上の満足のいく演奏だった。Lan Shuiの粘り強い指揮が印象に残った。

 

聴いていても楽章間の関係が分かりにくい曲だが、そんなことに構うことなく彼は粘りに粘った。そんな粘りにオケも触発され、食らいついてく。その結果面白いように音が鳴り響き、躍動し、そして生き物となった。

第五楽章では金管群や打楽器群が大活躍。鐘まで鳴り響く喧騒感さえ覚える中でも、彼は只管自分の思い通りに振り続けた。

このままフィナーレに向かうのかと思いきや、少し戻って考えあぐね、別の道を模索するような構成、マーラーがどうフィナーレに持っていくか迷っていたのではないかと想像したくなるような流れの中でも、彼は臆することなく確信をもって振り続けた。

そして、約90分の音のドラマが終わったとき、待っていたのは万雷の拍手の嵐。

 

とかくわかりにくいと言われる7番だが、今日の演奏を聴いてまた別に機会に聞いてみようかな...

そんなこと思いを抱かせてくれるほどの、南の国の外の熱気を会場内までもたらしたかのような、まさに"熱演"だった。

 

 

P.S. 開演の40分前に会場に入ったが、席はまばらどころか2階席も2〜3人。1階席も同様でぽつぽつ。「ネットで見た席の状況はそこそこ埋まっているはずだが...」とちょっと気がかりに。結果的には開演10分前には8割は埋まっていたので安心したが...こちらの方は出足が遅いのかな?思ったり。

そういえば、会場で入り口に「開演の15分前には席にお座りください」みたいな掲示があったので、そのことを見越して作ったのかも???

 

 

〈data〉

 

Singapore Symphony Orchestra Subscription Concert

Sat / 6 Jan 2018 / 7:30PM

Esplanade Concert Hall

 

MAHLER: Symphony No. 7 in E minor

 

Lan Shui, conductor

 

【price】 16 Singapore$ 

Neujahrskonzert 2018@TV

  • 2018.01.01 Monday
  • 22:34

今年は巨匠ムーティ登場!前半はおとなしめの曲が多かったような気がするが、特にウィリアムテルやボッカチオ、仮面舞踏会は流石ムーティ、オペラに手慣れた感がひしひしと伝わる演奏。

それにしても、鎌倉アナ、冒頭の寒風が吹く中で和服でのしゃべりといい、その後のホテル内での進行&インタビューといい、捌きは素晴らしい!日系のヘーデンボルク直樹さんの深い話もよかったし、バレリーナの橋本さんもカワイかった。

 

因みに、毎年何らかの記念年があるが、今年はある意味格別かも。それは今の世界が形作られた記念年ともいえるからだろうか。

世界では第一次世界大戦終結、オーストリア・ハンガリー帝国崩壊から100年、日本では明治維新から150年。司馬遼太郎風に言えば、世界同時性という環がまわっていそう。

最近の世の中の動きを見れば、自分でさえ、今年は今までの常識の転換点、何かの軛から放たれることなりそうな気がする。さてさてどんな年になりますやら、とそんなことを考えて見ていました。

 

P.S. 来年はティーレマンが振るとのこと。映像で見るあの自信満々な姿、ぜひ生で見たいと思っているが、いまだ果たせず。今年は何としても聴きたい!

 

〈データ〉

 

Neujahrskonzert 2018

2018.1.1(月)

19:00〜22:00

NHK Eテレ

 

Dirigent:Riccardo Muti

Orchester:Wiener Philharmoniker

 

Johann Strauß (Sohn):Einzugsmarsch aus der Operette „Der Zigeunerbaron“, ohne op.

Josef Strauß:Wiener Fresken. Walzer, op. 249

Johann Strauß (Sohn):Brautschau. Polka, op. 417
            Leichtes Blut. Polka schnell, op. 319

Johann Strauß (Vater):Marienwalzer, op.212
            Wilhelm Tell Galopp, op. 29b

 

 

Franz von Suppé:Ouvertüre zu "Boccaccio"

Johann Strauß (Sohn):Myrthenblüten. Walzer, op. 395

Alphons Czibulka:Stephanie-Gavotte, op. 312

Johann Strauß (Sohn):Freikugeln. Polka schnell, op. 326
            Geschichten aus dem Wienerwald. Walzer, op. 325※
            Fest-Marsch, op. 452
            Stadt und Land. Polka mazur, op. 322
            Un ballo in maschera. Quadrille, op. 272
            Rosen aus dem Süden. Walzer, op. 388

Josef Strauß:Eingesendet. Polka schnell, op. 240 

 

UntJohann Strauß (Sohn):Unter Donner und Blitz / Polka schnell, op. 324

                                        An der schönen,blauen Donau, op. 314
Johann Strauß (Vater):Radetzky-Marsch.op.228

 

 

※Das Zither-Solo im Walzer "Geschichten aus dem Wienerwald" wird von Barbara Laister-Ebner gespielt.

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM