エリヤ@サントリーホール

  • 2018.09.15 Saturday
  • 22:41

職場の同好の士に誘われて、久しぶりにサントリーホールへ行って来た。曲目は大好きなメンデルスゾーンの大作「エリヤ」。

一度は是が非でも歌いたい!と思い続けること何年だろう???

過去歌うチャンスはあったが、結果的に途中で断念。今日演奏会があることはずいぶん前から知っていたし、可能なら「聴かせる側」に立ちたいとは思っていたが、諸般の事情で日程的に困難となり今回も断念。

そうした思いの強い曲のうえ、指揮が伸び盛りの山田和樹、合唱、オケとも手兵と言える武蔵野合唱団、横浜シンフォニエッタとくれば、いやが上でも演奏内容に期待がかかる。

 

合唱団は約160名程度。女声が120名、男声が40名といったところ。男声は「あとプラス10はほしいかな?」とも思ったが、まあギリギリセーフの数。

ソリストは8人。第7曲にダブルカルテットがあるためだが、一般的には経費的な理由から4人のソリスト+αで演奏されることが多いことを考えると、主催者の意気込みを感じる。

さてさてその演奏内容はというと...期待以上の素晴らしさに感激してしまった。

 

何と言っても賞賛すべきは、オラトリオとしても出ずっぱりの感がある合唱の、その質の高さだろう。

それは冒頭からも予想できたことだが、バスの導入、序奏に続く”Hilf, Herr! Hilf, Herr! Willst du uns denn gar vertilgen?  "は男声も含めて、声量もバランスも申し分ない。そして子音も明確に飛んでいる。

次第に乗ってきた合唱、第11曲の”Baal, erhöre uns! あたりからは見事な男声、女声のシンクロ感。指揮のマエストロ山田も挑発する?鼓舞するかのように、腕を上につき上げての動作が印象的。

第20曲の ”Dank sei dir, Gott, du tränkest das durst'ge Land!"で第一部を見事に締めた後、休憩を挟んでの第二部も好調。

特に印象深いのは、第24曲 "Wehe ihm, er muß sterben! "、第36曲 "Gehe widerum hinab! 、そして終曲第42曲の "Alsdann wird euer Licht hervorbrechen wie die Morgenröte,”あたりだろうか。

とにもかくにも、生命が宿った一音一音は溢れんばかりに躍動し続け、それがさらに演奏する喜びがほとばしっている団員の心に火をつける...

アマチュア合唱のあるべき姿の理想形がすべて出た、力演名演と言っていいだろう。

 

ソリストでは、何といってもエリヤ役の青山さんだろう。

この曲はエリヤが劇を引っ張るので、その出来いかんによって成否が大きく左右される。頭の中には愛聴盤(サバリッシュがゲヴァントハウスを振った1968年録音盤)のテオ・アダムによる、”So wahr der Herr, der Gott Israels lebet, vor dem ich stehe...”の深く響きわたる声が深く刻まれているので、どうしてもあの歌唱を求めてしまうのだが...

青山さん、その出だしは声質がバリトンのためやや軽いかな?と感じてしまったが悪くはない。そして10番あたりからエンジンがかかてきて、第一部は最後まで鬼気迫る演技と歌唱で走り抜け、合唱との掛け合いも文句なしの出来。第二部も好調さは続き、最後まで劇を引き締めた。

 

最後までも美しさと力強さを失わず、作品をサポートし続けた横浜シンフォニエッタの合奏力も見事の一言に尽きる。

そして、出演者の力を引き出し、統率し、ある時は腕を跳ね上げ、ある時は指揮台上で飛び上がるなど、全身で指揮した感のあるマエストロ山田。

その結果は、2時間半に及ぶ演奏時間も長いとも感じさせず、途中弛緩することもなく、合唱作品を聴いてホール全体が魂を持った、至福の響きに満たされた感のある演奏として結実した。

これほどオケと合唱がまさしく一体化して、突破力を持った凄味のある演奏は最近ではないのではないだろうか。

 

合唱団のことに関していえば、個人的にも30年以上前から知っているが、創立から60年以上に渡って第一線で活躍している合唱団もそう多くはないだろう。それもいくつかの合唱団の連合体ではなく、単体としてなのだから、その運営は努力の継続の賜物と言っていいだろう。

今後とも是非、数多の合唱団の目標となるような活動を続けていってほしいと願うばかりだ。

 

最後の音が鳴りやみ、マエストロがタクトを下して暫らくするまで余韻に浸っていた会場。そんな見事な演奏によって、幸せなひと時を感じられたことに感謝。

それにしても、この「エリヤ」、やはりとんでもない作品である。演りたい!感が一層高揚した。

 

P.S. 些細なことだが...

渡されたプログラムにはドイツ語と日本語訳が全曲掲載されていたが、ホールも字幕付きでしっかりサポート。丁寧なサービスが光る。しかし、演奏中、ふと手元の対訳を見てホールの字幕を見ると、言葉の順番や訳が違う箇所が若干?あることに気が付いた。まあ、字幕のスペースの関係かもしれないが少々気になった。

 

 

〈データ〉

 

山田和樹 武蔵野合唱団指揮

横浜シンフォニエッタ創立 20周年記念

武蔵野合唱団 第51回 定期演奏会

 

2018.9.15(土) 16:00

サントリーホール

 

メンデルスゾーン:オラトリオ「エリヤ」

 

指揮:山田 和樹

管弦楽:横浜シンフォニエッタ

 

ソプラノ:田崎尚美、澤江依里

メゾソプラノ:清水華澄、杉山由紀

テノール:望月哲也、櫻井亮

バス:青山 貴、狩野賢一

 

合唱:武蔵野合唱団

 

【料金】 S席 6,500円

 

 

 

 

Leonard Bernstein's Mass@Esplanade

  • 2018.06.02 Saturday
  • 23:35

今年は「バーンスタイン生誕100周年」ということで世界中で記念の演奏会が開かれているであろうが、彼の異色の作品「ミサ」を聴きにシンガポールまでやってきた。

 

事前に仕入れた情報によると、この作品、ラテン語による通常ミサ文に加えて、彼の自作の詩、そして語りなど英語やヘブライ語が交錯し、出演者もオケや合唱のみならず、ロックバンドやストリートコーラス等も演じるという。

詩の内容もある意味問題あるようなので、欧米でもなかなか演奏されないらしい。日本では昨年、約20年ぶりに井上さん指揮で演奏されたらしいが...

 

舞台には所狭しと言わんばかりの150名はいるであろう、オケやギターを抱えた面々。

さて、演奏開始前、舞台上の合唱団席に大人と子どもがいると思ったら、「出演者のために写真撮影などはご遠慮ください」とのアナウンス。そして、演奏は開始された。

 

ソプラノソロとバリトンソロによる、録音された「kyrie eleison」が流れたと思うと、先ほどのアナウンスの主、今日の主役である司祭(celebrant)が歌いだす。ミュージカルなどでよく使うヘッドセットマイクを着けて。

そして、舞台両袖から8人づつに分かれたストリートコーラスと思しき16名のソリストが入り、舞台真ん中でクロス。次は1階客席の両サイドから白い衣装を身にまとった合唱団が舞台へ上がったと思ったら、同じよう舞台正面でクロスし、いったん舞台裏に入った後、2階の合唱団席へ。これで出演者が全て揃った。

 

舞台上の両サイド上の空間には巨大モニターが設置され、英語も含め歌われるすべての言葉が映し出されれる。また、場面場面に応じて映像が流されたり、カメラマンが表れて司祭やストリートコーラスの面々の歌唱をアップで撮影して流したりと使い方も多彩。

 

作品のあらすじはというと、演技やモニターの英語を見た限りでは、祈りを求める司祭だが次第に疑問を感じる人びと、それによってこれまでの常識に疑いを持ち始めた司祭は悩み苦しむが、最後は全員が天使によって癒される、といったところ。

また、A Theatre Piece for Singers,Players and dancersとの副題があるように、シアターとしての上演を前提として作られているため、動きもそれなりにある。劇終盤では、演出だろうが指揮者も含めて全員がスゥングする場面さえある。俗っぽく、曲の印象をひと言で言い表すと、「ミサ典礼文を含んだ、ミュージカル風の音楽劇」とでも言えるだろうか。

 

これまでバーンスタインの作品自体ほとんど聞いたことはなく、この作品も録音を含め初めて接したが、アメリカらしい多種多様な音楽要素が散りばめられ、それがバーンスタインらしいエネルギッシュなポップさを生み出しているのが最大の魅力。それに彼の信仰の深さが加わり、更に作品の魅力を増している感じだ。
 

主役は何といってもcelebrant。これまでの自らの常識が崩壊しかねない時には、だれもが狂わんばかりになるであろう。そんな切迫する姿も含めて、最後まで高度な歌唱と演技をやり切り、作品を牽引したKevin Vortmannは素晴らしいの一言に尽きる。

プログラムの紹介によると、主にブロードウェイで活躍しているらしく、最近ではフィラデルフィア管の演奏で、グラモフォンからこの作品のCDを出したらしい。この作品は彼のレパートリーのひとつなのだろう。今思い出しても、カメラに向かっての迫真の演技はこなれてないと出来るレベルではない。

ストリートコーラスや合唱も思い切り良く溌溂と演じ切っていたのは、作品への共感を感じさせる何よりの証拠。漲る躍動感は演奏の魅力を一層高めた。

 

そして休憩なしの2時間近くを弛緩することなく、全体をまとめ上げた指揮のJoshua Kangming Tanも称賛されてしかるべきだろう。彼は10年前のミトロプーロス国際指揮者コンクールで2位になり、現在はSingapole Symphony Orchestraの副指揮者らしいが、まだまだ若いので伸びしろは十分。今後ますます期待したい。

 

”The mass is ended, Go in peace ”との言葉で締めくくられたこの作品、益々混沌としている現代だからこそ、もっと演奏されるべき作品だろう。CDではなく、バーンスタインらしくライブで作品に触れることが、この作品の魅力を理解するには決して欠かすことができない。(次善として、2012年のPromsでの演奏の様子が you tubeにアップされています)

気が早いが、再来年の2020年はオリンピックだが、バーンスタインの没後30周年でもある。この作品の準備はそれなりの時間がかかる。オリンピックもいいが、是非是非日本で演奏会が開かれないだろうか?期待せずにはいられない。

 

 

 

 

〈Data〉

 

Leonard Bernstein's Mass:A Theatre Piece for Singers,Players and dancers

in Collaboration with Esplanade - Theatres on the Bay

Sat, 02 Jun 2018  7:30 PM

Esplanade Concert Hall

 

Performed by Orchestra of the Music Makers (Singapore)
With
Joshua Kangming Tan, Conductor
Kevin Vortmann, Celebrant
Himig Sanghaya, (Eudenice Palaruan, Vocal Coach)
Symphonia Choralis, (Chong Wai Lun, Chorus Master)
Volare Treble Voices, (Darius Lim, Chorus Master)


Edith Podesta, Director
Brian Gothong Tan, Multimedia Designer

 

【Price】 S$16.00

LA VOIX HUMAINE@Victoria Concert Hall

  • 2018.05.13 Sunday
  • 22:15

プーランクのモノドラマ「人間の声」を聴きにシンガポールまでやってきた。

場所は有名なEsplanade Concert Hallからもほど近い、Victoria Concert Hall。

 

聞くところによると、由緒あるこのホールは4年に渡る改修を経て、2014年にリオープンのコンサートが開催されたとのこと。初めて訪れるが、たしかに歴史を感じさせる建物だ。

 

ホール内は2階席のあるコンサート形式の作りで、周りは古典的なギリシャ・ローマ風の列柱が並んでいる。

舞台上には電話線の巻きついたピアノ。その前には薬やウィスキーが置かれ、ボストンバックからは書類は散乱している。

 

すべての照明が消えて、薄暗がりの中舞台に現れたと思ったのが2人。ひとりはピアノの椅子に座り、ひとりは上手で上手に頭を向けてうつ伏せに。そしてモノドラマが始まった。

舞台上のスクリーンには、出演の2人でドラマを演じた様子がモノクロで映し出されている。また、フランス語での歌唱のため、スクリーンには英訳も。

 

初めて見聞きするドラマの内容はわからずとも、女の複雑な胸のうちを赤裸々に語る、歌手の迫真に迫る演技と歌唱に圧倒された。

ピアニストは相手の男役であり、男への気持ちを抑えきれない女は、伴奏を続けるピアニストの首に自らの左腕を絡ませる。ピアニストに異様な緊張感をもたらした一場面だ。

 

この作品を演じるのはかなりの実力が無ければ無理だが、演じたJennifer Lienは演技、歌唱とも申し分ない出来。作品に見事に入り込んで、主人公と一体となった。

たった45分程度のモノドラマだったが、これほど緊張したのは久しぶりの感。緊張から解き放たれた聴衆からも大きな拍手が沸いた。

日本でも演奏されたことはあるだろうが、今までノーチェック。今度演奏する時は是非とも見てみたい!この作品の本質はCDやビデオではなかなか伝わないだろうから、余計そう思う。

想像もしなかったが、作品の凄さと演奏の両方に感謝したひとときだった。プーランクはやはり面白い。

 

 

 

 

〈Data〉

 

VCH Presents

La Voix Humaine

Vivtoria Concert Hall

Sun, 13 May 2018 4pm

 

Jennifer Lien, soprano

Shane Thio, piano

Ivan Heng, direction

 

Brian Gothong Tan, multimedia design

 

 

【Price】 S$ 31.00

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM