ヴェルレク@サントリーホール

  • 2018.03.07 Wednesday
  • 22:15

武蔵野合唱団のヴェルレクのお誘いを受けたので、久しぶりにサントリーホールに行ってきた。改修後初めだが、なんとなく以前のほうが落ち着いていたのは気のせいか...

 

通常は休憩なしに演奏されるが、プログラムによるとDies Iraeの後に休憩を入れるという。休憩が入るヴェルレクも多分初めて。

そしてコンマスも入りソリストも入ってきたが、バスが妻屋さんでなくて青山さん。???と思っていたらマエストロが「ほんの90分前までは妻屋さんの朗々たる声が出ていたのですが、その後次第にでなくなり...急いで連絡を取り歌っていただけるとOKが出たのが青山さんです」マイクで語りだした。

 

そんなアクシデントもあったようだが演奏は聴きごたえがあった。

 

まず、合唱団。女声110名程度、男声40名程度の人数だが、声量バランスは見た目の人数の差をまったく感じさせないものだった。

冒頭のRequiemに続くDies Iraeは、ヴェルレクに参加した者なら、一番の歌いどころ!と誰もが思い、命を懸けんばかりに前のめりになるが、ここも無謀に暴走せず、抑制のきいた理性的な高揚感が感じ取れたのは秀逸。またsotto voceと指示があるQuantus tremor est futurus...も子音がしっかりと明瞭に飛んでおり、歌いこんだことが伺える。

 

ヴェルレクは大雑把に分けると、Dies Irae までが合唱中心、その後はソリスト中心と言えないこともないため、結果的にDies Iraeの後で休憩を入れるのも悪くはない。

 

一方、ソリストで輝いていたのはアルトの山下さん。たぶんこれまでも聴いたことはあるとは思うが、その中低域から下支えしながら発せられる奥行きのある声質と表現力は、この作品を歌うに最もふさわしいもの。プログラムにはかのバッティストーニ指揮のヴェルレクでも歌っているとの記載もあり、さもありなんの感。山下さんが出演するヴェルレク、また聴きたいと思う。

 

ヴェルレクの最後を飾るLibera me。聴きこんでいる方は、冒頭のソプラノによるsenza misuraと指示されたlibera meに大注目。今日の森さんはどんな表現をするのか楽しみにしていたが...結果はだいぶいただけないもの。素人が言うのもだが、どうしても歌おうとしてしまっている感じがした。次に期待したい。

 

アマチュア合唱団がよくヴェルレクを演奏するが、久しぶりにを聴いてみて、この作品を真に表現するには相当の技量が必要なことを改めて感じた。特に合唱団としてはDies Iraeの表現の仕方とOffertorio以降の曲の中での立ち位置がいつも課題になるような気がする。

 

 

〈データ〉

 

武蔵野合唱団 第50回定期演奏会

2018.3.7(水) 19:00

サントリーホール 大ホール

 

ヴェルディ:レクイエム

 

指揮:小林研一郎

 

ソプラノ:森 摩季

メゾソプラノ:山下 牧子

テノール:西村 悟

バリトン:青山 貴

 

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

 

 

【料金】 S席 6,000円

 

明日を担う音楽家による特別演奏会@オペラシティ

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 23:41

文化庁の海外研修制度の修了者による演奏会に行ってきた。女声4、男声4の計8名が、ソロやデュエットを繰り広げた。

みなさん、もうキャリアを積み始めている方たちばかりだが、気になった方を何人かコメント。

 

最近聞くこのような若手の演奏会では”女声優位”の印象が強いが、今日は男声が健闘?

まずは、伊藤達人さん。

1曲目はヴェルディをデュエットでだったが、力みなく心地よく響く高音がスパっと出るのがいい。歌い方にもこなれ感が出ていて、無理なく気持ちよく歌っている雰囲気がいい。見栄えする体格もプラスして舞台映えする。2曲目のワーグナーは悪くはないし、聴衆の喝さいも大きかったが、個人的にはもっと陰影感が出ないとワーグナーらしくない気がした。声質が明るすぎるのかもしれない。声質を考えたら、ワーグナーというよりヴェルディ向きだろう。最近聞いた若手のテノールの中では3本指に入るであろう逸材だ。

次は小堀勇介さん。

1曲目はロッシーニだったが、素直な伸びのある高音が印象的。ご本人もコメントに”自身のロッシーニ演奏に更なる磨きをかけ...”とあるが、ロッシーニに惚れ込んでいるようだ。日本では兎角イタリアものと言えばヴェルディやプッチーニに偏っている気がするが、是非ともロッシーニと言ったら小堀さんといわれるよう精進してほしい。モーツァルトのデュエットもそつなくこなしていた。

女声ではまず、種谷典子さん。

確か新国の研修生の演奏会でも歌ったのが、今日歌ったプーランクだったと思う。その時の見事な演奏が記憶に残っている。ご本人もコメントで”このアリアは、私の調子を確認する曲のひとつになっているように思います”とおっしゃっているが、彼女の自己診断はどうであろう。わたしの聴く限りでは、前回聴いた時の印象が強いため今日は張りが足りなかったような気がするが、出来は悪くない。他2曲のデュエットは完璧。もしかしたら、合わせるのがうまいのかもしれない。

最後は、清野友香莉さん。

なかなか、ラクメのこの曲をあれほど歌える方は多くはいまい。それほどテクニックと持ち合わせている声質は素晴らしい。たぶん、「オランピアのアリア」も難なく歌える方だろう。一方で、モーツァルトはパッとしなかったのは残念。

 

パンフに載っているプロフィールを見ると、8人中6人が新国の研修所修了者。偶然かもしれないが、それなり逸材がそろっているということか。

いずれにしてもまだまだ始まったばかりで、真価が問われるのはこれから。きついだろうが、精進していってほしい。

 

 

〈データ〉

 

明日を担う音楽家による特別演奏会

2018.2.6(火) 19:00

オペラシティコンサートホール

 

藤井麻美 メゾソプラノ<平成28年度・ペーザロ>

 ロッシーニ 『セビリアの理髪師』より 「今の歌声は」

小堀勇介 テノール <平成27年度・ボローニャ>

 ロッシーニ 『オテロ』より 「どうして聞き入れてくれないのだ」

清野友香莉 ソプラノ <平成27年度・ニュルンベルク>

 ドリーブ 『ラクメ』より 「若いインドの娘はどこへ」

門間信樹 バリトン <平成26年度・ニューヨーク>

 マスネ 『エロディアード』より 「儚い幻影」

種谷典子 ソプラノ <平成28年度・ルガーノ>

 プーランク 『ティレジアスの乳房』より 「いいえ、旦那様」

今野沙知恵/藤井麻美

 R・シュトラウス『ばらの騎士』より「献呈の二重唱」

 

(休憩)

 

種谷典子/伊藤達人

 ヴェルディ『リゴレット』より「あなたは心の太陽」

清野友香莉/原田勇雅

 モーツァルト『ドン・ジョバンニ』より「お手をどうぞ」

藤井麻美/門間信樹

 モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』より「あなたにささげた心」

種谷典子/小堀勇介

 モーツァルト『後宮からの逃走』より「なんという運命」

今野沙知恵 ソプラノ <平成26年度・ニュルンベルク>

 ストラヴィンスキー 『放蕩児の遍歴』より 「トムからの便りもない」

伊藤達人 テノール <平成28年度・ベルリン>

 ワーグナー 『ローエングリン』より 「はるか遠い国に」

原田勇雅 バリトン <平成27年度・パルマ>

 ジョルダーノ 『アンドレア・シェニエ』より 「祖国の敵」

 

指揮:大勝 秀也

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

 

【料金】 B席 1,000円

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM