テノールリサイタル@茗荷谷キリスト教会

  • 2011.10.29 Saturday
  • 23:05
過日の演奏会でお世話になった、テノールの豊原奏さんがリサイタルを開くというので行ってきた。
曲目はいわゆるイタリア古典歌曲に、ベートーヴェン、シューベルト、そしてシューマンと盛りだくさん。

1曲目の「Ombra mai fu」が終わったところで、豊原さんからご挨拶。何か鼻声のようだ。。。(その後、季節外れ?の花粉症+カゼということが判明)

イタリア古典歌曲。知ってる曲もあるが、初めて聴く曲は新鮮だ。豊原さんの解説によれば、イタリア語の歌曲は太陽の明るいイメージがある反面、その歌詞は失恋やなんやと甘くも切ない内容。その切なさを甘いメロディーに変えて歌っているとのこと。なるほど。。。
曲では「Cangia tue voglie」がいい。

続くベートヴェンの3曲の中では「Der Kuss」がいい。これも豊原さんによれば、およそベートーヴェンらしからぬ?遊び心があるという。軽やかな、洒落っ気たっぷりの曲だ。

シューベルトの中では「Ganymed」もよかったが、やはり魔王「Erlkonig」だろう。音楽の素養なんてまったくない自分でさえ、たしか小学生の時聴いたような気がする。何分かの中に、なんてドラマが凝縮されているんだろうと、改めて感じた次第。豊原さんも大熱唱!

後半はシューマンの詩人の恋「Dichterliebe」全曲を一気に歌い切った。

そんな豊原さんを支えたのが、ピアノ伴奏の玉川さん。非常に音楽的で演奏もウマイ!出しゃばらず主張せず、でもサポートはしっかりと、伴奏者のあるべき姿だ。こんな方の伴奏なら、歌うのが楽しいだろうな。

豊原さんの体調はいま一歩だったかもしれないが、途中のなごみトークも楽しめ、会場はいい雰囲気に。あっという間の、90分だった。


〈データ〉
テノールリサイタル ドイツ、イタリア歌曲の至福
2011.10.29(土) 14:30
茗荷谷キリスト教会

テノール:豊原 奏
ピアノ:玉川 早苗

ヘンデル : Ombra mai fu (樹木の陰で)
ガスパリーニ : Lasciar D'amarti (貴女への愛をすてることは)
モンテヴェルディ : Eri gia tutta mia(かつて貴女は)
ファゾーロ : Cangia tue voglie(望みを変えよ)
カッチーニ : Amarilli(アマリッリ)
ジョルダーニ : Caro mio ben(いとしい女よ)
ベートーヴェン : Zartliche Liebe(私は君を愛している)
ベートーヴェン : Der Kuss(くちづけ)
ベートーヴェン : Adelaide(アデライーデ) 
シューベルト : An die Musik(楽に寄す)
シューベルト : Ganymed(ガニュメート)
シューベルト : Erlkonig(魔王)
シューマン : Dichterliebe(詩人の恋)

【料金】 自由席 3,000円
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/11/03 10:52 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM