サンデーコンサート@東京芸術劇場

  • 2016.05.08 Sunday
  • 20:52
ウタ友が参加する日本フィルのコンサートに行ってきた。指揮は首席のアレクサンドル・ラザレフ。
以前ショスタコーヴィチの交響曲を聴きたくて初めてその指揮ぶりを見たが、そのサービス精神にちょっと面食らった感があった。

今日のプログラムを見ると、結構派手な曲で固めた気がしないでもない。さて。。。
演奏は躍動感があってよかったし、合唱も熱演だった。しかし、よく聴くと「ちょっと鳴らしすぎでは?」と感じるところが多い。
最初はホールが改修によって良く鳴るようになったのかもとも思ったが、それならばもっと音のバランスに配慮すべきだったのでは?
前半のプログラムはまだしも、後半は特に打楽器が「これでもか」とも思えるぐらい鳴らしすぎ。ちょっと音楽を楽しむどころの状態ではなかった。
満員に近い聴衆は、マエストロの過剰ともいえるパーフォーマンスとともに演奏に万雷の拍手を送っていたが、自分は最後までなじめずホールを後にした。


〈データ〉

第217回 サンデーコンサート
日本フィルハーモニー交響楽団 創立60周年記念
2016.5.8(日) 14:00
東京芸術劇場コンサートホール

グリンカ:オペラ「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
チャイコフスキー」バレエ組曲「白鳥の湖」
ボロディン:オペラ「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」
グリンカ:オペラ「皇帝に捧げし命」より「栄光/終末の合唱」

ピアノ:若林 顕
合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団

指揮:アレクサンドル・ラザレフ

【料金】 S席 7,700円







 
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/05/09 11:21 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM