PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
サンデーコンサート@東京芸術劇場
0
    ウタ友が参加する日本フィルのコンサートに行ってきた。指揮は首席のアレクサンドル・ラザレフ。
    以前ショスタコーヴィチの交響曲を聴きたくて初めてその指揮ぶりを見たが、そのサービス精神にちょっと面食らった感があった。

    今日のプログラムを見ると、結構派手な曲で固めた気がしないでもない。さて。。。
    演奏は躍動感があってよかったし、合唱も熱演だった。しかし、よく聴くと「ちょっと鳴らしすぎでは?」と感じるところが多い。
    最初はホールが改修によって良く鳴るようになったのかもとも思ったが、それならばもっと音のバランスに配慮すべきだったのでは?
    前半のプログラムはまだしも、後半は特に打楽器が「これでもか」とも思えるぐらい鳴らしすぎ。ちょっと音楽を楽しむどころの状態ではなかった。
    満員に近い聴衆は、マエストロの過剰ともいえるパーフォーマンスとともに演奏に万雷の拍手を送っていたが、自分は最後までなじめずホールを後にした。


    〈データ〉

    第217回 サンデーコンサート
    日本フィルハーモニー交響楽団 創立60周年記念
    2016.5.8(日) 14:00
    東京芸術劇場コンサートホール

    グリンカ:オペラ「ルスランとリュドミラ」序曲
    チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
    チャイコフスキー」バレエ組曲「白鳥の湖」
    ボロディン:オペラ「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」
    グリンカ:オペラ「皇帝に捧げし命」より「栄光/終末の合唱」

    ピアノ:若林 顕
    合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団

    指揮:アレクサンドル・ラザレフ

    【料金】 S席 7,700円







     
    | オーケストラ2016 | 20:52 | comments(1) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 20:52 | - | - |
      初めまして。男声合唱に居た一人です。
      御光臨有難うございました。爆演続きは舞台裏でも伺えました。最後の合唱曲の爆発振りは曲の由来にちなんでお許し下さい。ロシアに殉じた人と国土を賛美するこの曲、ロシアでは対独戦勝記念の5/9に毎年使われます。その前日の8日に演奏するのは終戦の年に生まれてソ連で育った指揮者ラザレフさんには思い入があったと推察されます。

      今年の赤の広場の式典、11分56秒あたりにグリンカ演奏されてます。
      https://www.youtube.com/watch?v=fYLdQa-4M3o
      | 大坂 | 2016/05/09 11:21 PM |










      http://ichigenkoji.jugem.jp/trackback/227
      PR
      いらっしゃい!
      ブログパーツUL5
      Links
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS