ヴェルレク@サントリーホール

  • 2018.03.07 Wednesday
  • 22:15

武蔵野合唱団のヴェルレクのお誘いを受けたので、久しぶりにサントリーホールに行ってきた。改修後初めだが、なんとなく以前のほうが落ち着いていたのは気のせいか...

 

通常は休憩なしに演奏されるが、プログラムによるとDies Iraeの後に休憩を入れるという。休憩が入るヴェルレクも多分初めて。

そしてコンマスも入りソリストも入ってきたが、バスが妻屋さんでなくて青山さん。???と思っていたらマエストロが「ほんの90分前までは妻屋さんの朗々たる声が出ていたのですが、その後次第にでなくなり...急いで連絡を取り歌っていただけるとOKが出たのが青山さんです」マイクで語りだした。

 

そんなアクシデントもあったようだが演奏は聴きごたえがあった。

 

まず、合唱団。女声110名程度、男声40名程度の人数だが、声量バランスは見た目の人数の差をまったく感じさせないものだった。

冒頭のRequiemに続くDies Iraeは、ヴェルレクに参加した者なら、一番の歌いどころ!と誰もが思い、命を懸けんばかりに前のめりになるが、ここも無謀に暴走せず、抑制のきいた理性的な高揚感が感じ取れたのは秀逸。またsotto voceと指示があるQuantus tremor est futurus...も子音がしっかりと明瞭に飛んでおり、歌いこんだことが伺える。

 

ヴェルレクは大雑把に分けると、Dies Irae までが合唱中心、その後はソリスト中心と言えないこともないため、結果的にDies Iraeの後で休憩を入れるのも悪くはない。

 

一方、ソリストで輝いていたのはアルトの山下さん。たぶんこれまでも聴いたことはあるとは思うが、その中低域から下支えしながら発せられる奥行きのある声質と表現力は、この作品を歌うに最もふさわしいもの。プログラムにはかのバッティストーニ指揮のヴェルレクでも歌っているとの記載もあり、さもありなんの感。山下さんが出演するヴェルレク、また聴きたいと思う。

 

ヴェルレクの最後を飾るLibera me。聴きこんでいる方は、冒頭のソプラノによるsenza misuraと指示されたlibera meに大注目。今日の森さんはどんな表現をするのか楽しみにしていたが...結果はだいぶいただけないもの。素人が言うのもだが、どうしても歌おうとしてしまっている感じがした。次に期待したい。

 

アマチュア合唱団がよくヴェルレクを演奏するが、久しぶりにを聴いてみて、この作品を真に表現するには相当の技量が必要なことを改めて感じた。特に合唱団としてはDies Iraeの表現の仕方とOffertorio以降の曲の中での立ち位置がいつも課題になるような気がする。

 

 

〈データ〉

 

武蔵野合唱団 第50回定期演奏会

2018.3.7(水) 19:00

サントリーホール 大ホール

 

ヴェルディ:レクイエム

 

指揮:小林研一郎

 

ソプラノ:森 摩季

メゾソプラノ:山下 牧子

テノール:西村 悟

バリトン:青山 貴

 

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

 

 

【料金】 S席 6,000円

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM