Neujahrskonzert 2010@TV

  • 2010.01.01 Friday
  • 23:46

お正月はやはりこれ!
今年は一昨年に続いてジュルジュ・プレートル

軽妙で洒落っ気がある演奏、当意即妙?って、こういうのを言うんでしょうね。
自ら楽しんでいるのがウィーンフィルにも伝わり、楽団員も「乗せられちゃってます〜」て感じ。

また、時折見せる茶目っ気たっぷりの表情がたまらない。
「指揮台を降りたら、かわいいおじいちゃんなんだろうな〜」(失礼!)と思う。絶対!

こんな演奏はマエストロしかできません!

また、本物のウィーナワルツは、やはりウィーンフィルしかできないと感じた。
(たとえば1曲目の「こうもり序曲」や3曲目の「クラップフェンの森にて」)
これは技術の問題ではなく、音楽の“間”、あるいは“呼吸”の問題だ。
アタマで考えるのではなく、ココロで感じるものだ。

〈データ〉
ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサート
2010.1.1(金)
NHK教育 19:10〜21:45

1   Johann Strauß: Ouvertüre zu „Die Fledermaus“
2   Josef Strauß: Frauenherz. Polka mazur, op. 166
3   Johann Strauß: Im Krapfenwaldl. Polka francaise, op. 336
4   Johann Strauß: Stürmisch in Lieb und Tanz. Polka schnell, op. 393
5   Johann Strauß: Wein, Weib und Gesang. Walzer, op. 333
6   Johann Strauß: Perpetuum mobile, op. 257

7   Otto Nicolai: Ouvertüre zu „Die lustigen Weiber von Windsor“
8   Johann Strauß: Wiener Bonbons. Walzer, op. 307
9    Johann Strauß: Champagner-Polka, op. 211
10  Johann Strauß: Ein Herz, ein Sinn. Polka mazur, op. 323
11  Johann Strauß Vater: Der Carneval in Paris
12  Jacques Offenbach: Ouvertüre zu „Die Rheinnixen“
13  Eduard Strauß: Quadrille Schöne Helena
14  Johann Strauß: Morgenblätter. Walzer, op. 279
15  Hans Christian Lumbye: Champagner-Galopp

16  Johann Strauß: An der schönen,blauen Donau, op.314

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

いらっしゃい!

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM